出産祝いで知っておきたいこと

ママと赤ちゃん

出産祝いはそう滅多に起こることの無い、非常におめでたいことです。
それ故に出産祝いが非常に大切になってくるのですが、言い換えればそれほどしょっちゅう起こることではないので、出産祝いの所謂「贈り方」を知らないで困っている人も少なく有りません。

ここではそんな出産祝いについて紹介していきます。皆さんがもし現在同じように出産祝いとして何を贈ったらいいか、何時贈ったらいいか等について迷っていたり、或いは出産祝いに関するマナーやルールについて知らないで悩んでいたら、是非このページをご覧になってお役に立てていただくことを願っています。

出産祝いを渡す時期

まずは出産祝いを赤ちゃんの生まれたママに渡す時期です。「赤ちゃんが生まれたらすぐに渡せばいいのでは…」と考えれる人もいるようですが、それはちょっと待ってください。出産祝いは、赤ちゃんの生後7日後から、大体お宮参りを行う生後1ヵ月までには、贈るようにしましょう。

ママと赤ちゃんに直接会って出産祝いを渡したいという場合は、ママと赤ちゃんが退院する生後2〜3週間後が目安でしょう。ママは出産直後は相当の体力を使っているので、しばらくは休息が必要です。
ここで挙げている数字は、こうしたママの体調、状態を考慮した数字です。これはママの体調が整う時期でもありますが、もしママを直接訪問して出産祝いを渡したい、と言うのなら、皆さんの来訪がママや赤ちゃんに負担をかけないかどうかを必ず一度確認した上で伺いましょう。

長居は無用

育児は決まった生活のリズムを作ることが大変難しいことが特徴です。従って出産間もないときはママも疲れがちです。特に初めて出産に挑んだママならば、尚更のことです。従って出産祝いを持って相手を訪問したときは、相手の赤ちゃんとママのことをを気遣って、長居は避けるようにしましょう。
出産祝いには勿論物を贈ったり、お祝いを述べることも大切ですが、やはり気遣いも忘れてはいけません。

また友人、知人が出産したばかりのときはそれを知らず、後から出産を知った等の理由で、1ヵ月を過ぎてしまうこともあります。そういったときにはどうしたらいいのでしょうか。もっともお祝いごとなので、時期を過ぎて出産祝いを贈っても構いません。

ただし生後半年を過ぎてしまったような場合には、出産祝いとしてではなく、お誕生日等の別の節目に合わせて贈る方法もあります。但しその場合には、熨斗(のし)も「出産祝い」ではなく、単に「お祝い」とするとか、或いは「初誕生祝い」などとしておきましょう。
そして「遅ればせながら出産祝いを兼ねて」等のメッセージを添えるとよいでしょう。たとえ遅くなってもお祝いする、そういった心遣いが大切です。

不幸が重なった場合、どうする?

出産祝いにはこのようなケースもあります。それは出産をした人の身内に不幸があった場合です。おめでたと不幸が重なってしまうケースです。これだと、「出産祝い」を贈るもの何だか適切ではないような気がします。こんなケースでは、一体どうしたらいいのでしょうか。

このようなケースでは、やはり不幸を優先し、お祝いのほうを控えます。もしもお祝いを贈るとしたら、四十九日を過ぎて、先方から忌明けのご連絡があってからにしましょう。
またこの場合は「出産祝い」という形は避け、たとえばお祝いが遅れたときと同様に、お誕生日等の別のタイミングで贈ってもかまいません。

出産前には贈る行為は避ける。

出産祝いで大切なことについてもう一つ触れておきます。

出産祝いは、赤ちゃんが生まれてからお祝いをするのが一般的です。というのも出産にはやはりリスク、危険が伴うからです。万が一ということも無くも有りません。
そんな万が一のことを考えると、出産前にお祝いを贈ることは、結果的に大変失礼に当たってしまう場合がありますので、注意しましょう。

注目サイト