出産祝いで気をつけること

出産祝いのマナーや常識は知っているようで知らないものです。もしこれらを知らなかったら、場合によっては相手に失礼な思いをさせたりすることもあります。
ここではそんな大切な出産祝いのことについて紹介しています。

C出産祝いとして洋服を贈りたいのですが、気をつけることは何ですか?

子供服を贈るのは非常に難しいことです。というのも子供は成長が早いため、服があっという間に着られなくなってしまうからです。それは赤ちゃんの服に対しても同じようなことが言えます。それでは出産祝いとして赤ちゃんの服を贈ろうとする際、気をつけるべきことは何かについて紹介します。

ベビー服

皆さんはご存知でしょうか。洋服のサイズは、例えば「60」の場合身長は60cm、体重は6kg、参考月齢は3ヶ月というように、JISによって規格が定められています。従って贈る赤ちゃんの月齢を参考にしながら選ぶとよいでしょう。

ただし、今の段階でぴったりのサイズの洋服でしたら、既に相手が用意していたり、或いは成長の度合いによっては着られない場合があるので、洋服を贈るのでしたら大きめのものを贈るのがおすすめです。また、着る季節も考慮に入れましょう。

  1. サイズ/50/60/70/75/80
  2. 身長(cm)50/60/70/75/80
  3. 体重(kg)3/6/9/10/11
  4. 参考月齢/新生児/3/6/12/18

D第2子以降の場合、出産祝いとして何を贈ったらよいですか?

出産祝いを相手に贈るにしても、相手が第一子の場合と、第二子以降の場合でしたら、状況が異なってきます。もし相手が二人目、三人目の場合、その際に贈るときの悩みは、「既に兄弟姉妹がいるから、相手は何でも持っているのではないか。」ということです。

例えばベビーカーやベビーベッド等は、既に相手が持っている可能性が有ります。既に相手が持っているものを贈ったところで何もなりません。消耗品ならともかく、ベビーベッド等2台も持っておく必要はありません。只でさえ頭を悩ませる出産祝いですが、相手が第二子以降だともっと悩んだりします。この際には何を贈ったらいいでしょうか。

シチュエーションを考えてみる

この場合も頭を痛めるところですが、例えばアイデアとして、ここは兄弟で一緒に遊べるおもちゃや、或いは洋服類は如何でしょうか。これは結構お勧めできます。
例えば洋服はお下がりがあるから、と避けてしまいがちですが、同じ服でも例えば普段着や肌着等でしたら、汚れやすいため新たに購入する人も多いものです。オーガニックコットンの上質な部屋着や、或いは普段着として着る機会の多い洋服ならまず間違いはないでしょう。

第一子と変わらないプレゼント

一般に子供が二人目以降の場合は、一人目の子供に比べて贈られる数も少なくなりがちなので、そこで出産祝いを贈ってあげれば大変喜ばれるはずです。
また二人目以降の子供でしたら、どうしても出産祝いが一人目に比べて地味になりがちです。ぜひお二人目以降にもプレゼントしてあげてください。一人目の子供と同じように、盛大に出産祝いをしてあげましょう。

出産祝いには何を贈ったらいいか、なかなか迷ってしまうところです。洋服や玩具、消耗品等を贈ってもいいのですが、それはそれで難しいところもあります。
というのも、相手の好みの問題があったり、或いは他の人からの出産祝いの贈り物とバッティング、つまり重なってしまう可能性もあるからです。

おすすめWEBサイト 5選

NOSSA