出産祝いの金額の目安

出産祝いに関して知っておきたいことは、他にもたくさん有ります。ここではギフトを包装する熨斗(のし)紙について紹介することにします。

熨斗とは私達がお祝いとしてお金を贈る際に欠かせないものです。熨斗とは方形の色紙を細長く、上が広く下の狭い六角形に折りたたみ、その中に熨斗鮑を小さく切って張り、進物に添えるものです。熨斗は私達日本の生活、文化にすっかり定着していると言ってもいいでしょう。

何度あっても喜ばしい「花結び」

何度あっても喜ばしいお祝いの場合には、「花結び」といった蝶結びののし紙に『御祝』もしくは『御出産祝い』と表書きします。水引の下段には贈る人の名前を記入します。
のし紙には、包装紙の内側につける(内のし)、外側につける(外のし)とがありますが、どちらでもかまいません。

ここでのポイントは、出産祝いのように何度あっても喜ばしいお祝いの場合には、「花結び」ののし紙を使用するのがマナーということです。

出産祝いの金額は?

上で紹介した熨斗を柄手って、出産祝いを贈ることがあります。この際に頭を痛めるのは、出産祝いの相場が一体幾らか、ということです。出産祝いに限らず、お祝い、或いはお悔やみでお金を贈る際には、一定の相場と言う物が有ります。

私達はお金を贈る際には、このお金の相場について頭を悩ませることが往々にしてあります。お金を贈る際には、当然安すぎてもよくないですし、逆に高価すぎてもちょっと困るものです。
出産祝いも同じなのですが、では出産祝いとしてお金を贈るのなら、一体幾らくらいが相場なのでしょうか。ここでは出産祝いの相場、というものについて紹介することにします。

身近な人によって金額を決める

出産祝い

出産祝いの相場とは書きましたが、実のところ祝い金の決まった金額はありません。とは言えやはり、贈る相手や自分の立場をわきまえた贈り物を探してみることが肝心かと思います。

とはいえ、出産祝いを贈る場合の、出産祝い金額の目安といったものはありますので、ここでその金額を紹介することにします。

  • 赤ちゃんの親との関係/金額の目安
  • 祖父母・両親/10,000円以上
  • 兄弟・姉妹/10,000円以上
  • おじ・おば・いとこ/10,000円以上
  • 友人/3,000〜10,000円以上
  • 職場関係/3,000〜10,000円以上

ここで紹介した出産祝いの金額はあくまでも目安です。従って地域や関係性の深さによって、若干金額は異なってきます。 皆さんが実際に出産祝いを贈る場合は、上で紹介した金額を参考にされるといいかと思います。

注目サイト

結婚式 出張着付け 京都
http://www.kyotojinjakon.jp/