出産祝いに悩んだら

出産祝いとして何を贈ったらいいか、これは実に頭を悩ませる問題です。出産祝いとして何を贈るかと言っても、実際には出産祝いを贈る側と贈られる側の立場によって異なっています。
ここでは出産祝いに何を贈ったらいいか迷っている皆さんのために、出産祝いとして贈ったらよさそうなプレゼント、贈り物の一例を紹介します。基本的な出産祝いの知識はこちらをご覧下さい。

出産祝いの一例

ベビー服、肌着
C友人から贈る場合
友人として出産祝いを贈るケースとして考えられるのは、例えば幾らあってもうれしく困ることの無い洋服や肌着、それにおもちゃのほか、相手の好みやライフスタイルに合ったものを贈るという人が多いようです。

また友人として、赤ちゃんではなく寧ろ出産で頑張ったママに対して、アクセサリーや便利グッズを贈ることもおすすめできます。その際には素材やデザイン性に優れたものなど、折角ですから少しこだわりを持って選んで、差をつけてみては如何でしょうか。

出産祝いを贈る人のセンスと気配りで、喜んでもらえる可能性大です。ちなみに出産祝いとしての予算は3000円〜1万円程度を考えておくとよいでしょうか。個人ではなく、複数の友人でお金を出し合って、グループで出産祝いの贈り物をする方法も有ります。その場合ならば総額で1万円を目安にしたらよいでしょうか
D職場関係者から贈る場合
個人として出産祝いを贈る場合なら3000円〜1万円程度が目安となります。また上で紹介した友人のケースと同じで、部署やグループでお金を出し合って、連名にして贈ることも可能です。その場合ならば1万円〜2万円程度が目安となるでしょう。
また出産祝いを贈られる相手の好みがわからないことも多く、また何が欲しいか、何が必要かを聞くのも少し難しいので、どなたにも喜ばれるものを選ぶとよいでしょう。例えば上質な素材のタオルギフトや、小物を組み合わせたギフトセット等が人気を集めています。

如何でしたか。出産祝いとして何を贈ったらいいか、幾らくらいのものを贈ったらいいか、お悩みの皆さんにとっては参考になりましたか。もし皆さんが近々出産祝いを贈る予定がありましたら、参考にしてみては如何でしょうか。